Counter

蔓樺細工と藍染めの工房 本文へジャンプ
気侭屋 工房 廣 イメージ

 海の見える熊野から、中央アルプスの自然に抱かれた駒ケ根に工房を移しました。蔓や樹皮などの自然素材を使った花器や灯り、バッグを制作しています。
 藍染めには、本藍といわれる「すくも藍」を使っています。

 右のバッグは、第26回 朝日現代クラフト展に入選した山葡萄の乱れ編みバッグです。

 4月3日、ギャラリーそわかに新しいページを追加しました。ご覧ください。                 





                  
                

        

10月のリンゴ畑です。 山葡萄バッグ
手前から乱れ編み、ざっくり編み、網代編みです。
                 
              
誠文堂新光社の「自然素材で編むつるかご」の本に、工房廣が紹介されました。    キツリフネ